>

断捨離する時には

掃除は大きな物から始めましょう

大掃除をする時に、小さな棚の中などから始めてしまうことはあるでしょうか。
スムーズに大掃除を進めるためには、小さなところから始めるのは避けたほうがいいでしょう。

アルバムなどの整理をしていて、つい見入ってしまい掃除が全く進まなかったという事がよくあるからです。
掃除をする時は大きな物から、というのが鉄則です。

不用品を選別する時は、まず一番大変な家電などの大きな物から始めます。
買い替えが必要であれば、不要となる物の処分の手配を平行して進めます。

家電や家具の処分の手配などが済んでから、今度は服や本、食器などの比較的場所を取るものを整理していきます。
写真や書類などは、不用品が出ても通常のゴミ回収で出せるので最後にします。

処分する業者の選び方

不用品を処分する時は、不用品の種類によって依頼する業者も変わります。

家電などは購入店舗に、粗大ごみであれば各自治体への申し込みをします。
家電はもちろんですが、家具なども通常回収で可能な大きさを超えていれば粗大ごみ扱いとなります。
回収手順を確認して、引き取りをしてもらいます。

物によってはリサイクルショップに買取をしてもらったり、バザーなどに出すのもいいでしょう。

大掃除を始める前に、不用品をどのように処分するかを決めておくと、物の仕分けもスムーズです。
捨てる物、リサイクルするもの、粗大ごみに出す物と分けながら大掃除を進めましょう。

あらかじめ引き取りの日程なども決めておくと、短期間で断捨離が出来ます。


SHARE!