>

行政と民間の違い

行政に回収を依頼する

粗大ごみの回収は各自治体に依頼する事ができます。
多くの自治体では、インターネットで粗大ごみの種類を指定して、回収日程の予約が出来ます。

ゴミの種類により手数料が違います。
出すゴミの種類を確認して、コンビニなどで回収券を購入し指定の日程に回収場所に出しておきます。

粗大ごみ以外のゴミの種類や回収曜日などもインターネットから確認出来るので、いつ出せば良いか分からないゴミがあれば検索してみましょう。

回収方法は自治体によりますが、粗大ごみ受付センターに申し込みをして、回収券を購入して指定日に出すという流れが一般的です。
詳しくは自分の住んでいる自治体のホームページに記載されているので目を通しておくといいでしょう。

不用品回収業者とは

不用品回収業者はあらゆる不用品を回収してくれます。
多くの業者がありますが、なかにはトラブルとなるケースもあります。

無料回収としながら、実際に依頼すると処分費用などといった名目で多額の請求をされるという事例などです。
不用品が多く、回収を依頼する量が多い場合などは民間の回収業者に一手に引き受けてもらうのが時間も手間もかからないかもしれません。
ですが「無料で」「なんでも買い取ります」などの宣伝には注意して業者を選ぶ事が大切です。

法令を遵守した経営をしている民間の業者もあります。
よく分からないまま安易に、軽トラックなどで凱旋している業者に依頼などせず優良な業者にお願いしましょう。
違法な経営をしている業者に依頼してしまうと、高額な請求の心配や不法投棄に繋がる恐れもあるので注意が必要です。


SHARE!