>

大掃除で不用品を選別しよう

家電リサイクルの回収方法手順

家電リサイクル法とは、特定家庭用機器再商品化のことで、法で定められた家電の処分法となります。
環境のために廃棄物を減らし、使える資源は活用していくことを目的としています。

テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機が対象となっています。
基本的には購入した店舗や買い替えをする店舗への引き取りの依頼となるので、買い替え時などには引き取りについても相談しておきましょう。

引越しなどで購入店舗などが不明な場合には、まず自治体へ連絡します。
回収法を指定されたら家電リサイクル券を購入し、指定の日時に引き取りをしてもらいます。

家電の種類によってリサイクル料が変わってきます。
料金を振り込んで自分で指定引き取り場所に持ち込む方法もあります。

ルールを守る必要性

ゴミや廃棄物の問題は、健全な環境を壊す原因として大きな問題となっています。

家電リサイクル法によって、テレビやエアコンなどは細かなパーツに分けられて、リサイクル出来るものに分けられます。
例えばテレビであれば、プラスチックなどは分けられ、基盤は取り外されリサイクル処理されます。
冷蔵庫などもコンプレッサー部分を分解して処理したり、ケースなどのプラスチック部分も分けられます。

このようにプラスチックや鉄や銅など、粉砕されて再利用されるのです。
家電リサイクル法とはそのために必要な手続きとなります。

環境を守るためには、ゴミを捨てるルールを守ることがとても大切です。
買った物は大切に長く使う事や、普段からゴミを減らす意識を持つといいでしょう。


SHARE!