大掃除で出た不用品は業者に処分してもらおう

不用品が出たときの回収方法とは

大きな家電はどうやって処分するのでしょう

年末や引越しなどで大掃除すると、思っていた以上に不用品が出てきます。
たまった不用品を処分すると、部屋だけでなく心もすっきりするものです。

最近では断捨離やシンプルでミニマムなライフスタイルが話題になっています。
必要な物だけを大切に使っていくという生活は、溢れた物に囲まれて生活するよりも合理的に感じることもあるでしょう。
物が増えれば生活スペースは狭くなり、必要な物がどこになるのか分からなくなるなど、不便な面も出てきます。
快適な生活空間を確保するには、大掃除に限らず定期的な整理整頓が欠かせません。

掃除の後に困るのが不用品の処分です。
通常のゴミの回収には出せない大きさのものや家電や家具など、処分に困ってなかなか片付けられないという人もいるでしょう。

粗大ごみには大きく分けていくつかの回収の仕方に分けられます。
家電の処分、粗大ごみを回収してもらう、リサイクルできるものを買取してもらう、という3つに方法に分けられます。
大掃除と合わせて回収の手配をしておけば、スムーズに不用品の処分が出来ます。

リサイクル品の買取以外の処分に関しては、基本有料となります。
粗大ごみや家電は、きちんとした処分をしないと不法投棄となるので決められたルールに従って処分しましょう。

大掃除は実は夏にするのもおすすめです。
夏は窓拭きなども水仕事も苦でなく、布団や服も干すのにも適しています。
窓を全開にしていても寒くないので、どうしても埃っぽくなりがちな不用品の選別にもいいでしょう。

大掃除で不用品を選別しよう

不用品の中でも処分に困るのが冷蔵庫などの大きな家電です。 これらの家電には処分に関してルールが決められています。 家電リサイクル法は2001年に制定された法律ですが、環境のためにも遵守する必要があります。 処分の仕方について詳しくみていきましょう。

行政と民間の違い

粗大ごみの処分には、各自治体に依頼するか、民間の回収業者に依頼する2つの方法があります。 基本的には自治体にお願いすればいいでしょう。 ゴミの量が多い、時間的な制限などスケジュール的な部分で、民間の業者に依頼したほうがいい場合もあります。 依頼するときの注意点を確認しましょう。

買取を依頼出来る不用品とは

リサイクルショップには、様々なものがリーズナブルに揃っています。 中古品だけでなく、未使用の新品もあります。 新品の不用品や、まだ使える状態の良いものは、買取をしてもらうといいでしょう。 物をリサイクルすることは、売る側、買う側の両方にメリットがあります。